通訳・翻訳

inter01

現代のグローバル社会で通訳者・翻訳者のニーズは高まっています。正確に意味が伝えられる技術を身に付けるため、英語力だけでなく日本語力も養うコースです。また文化・風習についての知識も身に付けます。オーストラリアは多民族国家のため、通訳・翻訳への関心が高く、充実したプログラム内容となっています。また日本とのつながりが経済的・文化的にも強く、日本語・英語間の通訳・翻訳のコースが多くあります。

■ 通訳(Interpreting)
■ 翻訳(Translation)
■ 会議通訳(Conference Interpreting)

オーストラリア国内で通訳・翻訳者として働くにはNAATI*の資格取得が必要となります。

*NAATI:National Accreditation Authority for Translators & Interpretersはオーストラリアにおける通訳・翻訳資格機関。NATTI認定コースを受講し、卒業試験に合格すると資格取得が可能となります。4つのレベルに分かれます。
■ 準プロレベル:日常会話レベルの通訳/専門性の低い基本的な翻訳
■ プロレベル:専門性の高い会話や発表の逐次通訳/科学や商業などの一般的な内容の文書の翻訳
■ 会議通訳・上級翻訳者:国際会議などで高度な逐次・同時通訳/法律文書など専門性の高い文書の翻訳
■ 会議通訳・上級翻訳者・シニア:最上級通訳資格/豊富な翻訳・指導経験を持つ翻訳者

職業訓練校

通訳か翻訳のいずれかを専攻します。NAATI認定コースですと「準プログラム」の資格取得を目指すディプロマコースとなります。アドバンス・ディプロマでは「プロレベル」の資格取得を目指します。 詳細はこちら

大学

通訳・翻訳を並行して学べるコースが多くあります。NATTI認定の学士課程では「プロレベル」の資格取得を目指すコースとなります。また、言語学や文化研究を専攻することも可能です。 詳細はこちら

大学院

通訳・翻訳両方を学べ、さらにビジネススキルなど実際の業務に役立つ勉強もできます。NATTIの認定を受けたグラジュエート・ディプロマ課程では「プロレベル」の資格取得が可能となります。修士課程では「上級翻訳者」や「会議通訳」の取得と目指します。 詳細はこちら