インターンシップとボランティアプログラム

internship

グローバル時代において、さまざまなバックグラウンドを持つ人々と共同し仕事をするというのはとても貴重な経験になるといえます。多種多様な移民を受け入れてきたという歴史をもつオーストラリアは、まさに最適な場所です。オーストラリアの英語学校や大学では授業と組み合わせてインターンシップ経験を提供するコースを設けています。

1) 大学が開講!単位認定されるインターンシップ

主なオーストラリアの大学ではインターンシップを単位として認めており、授業を受けながら実際のビジネスの場で経験できます。
たとえば、ディーキン大学では、日本で大学の学部または大学院に在籍する学生がスタディ・アブロードプログラム(Study Abroad Program-SA)を利用して正規の留学生として留学される場合、インターンシップを時間割に組み込むことができます。

詳細はお問い合わせください。

2) 英語学校が実施! 英語力向上とインターンシップ

クイーンズランド大学英語附属学校「ICTE-UQ」ではグローバル人材の育成を目的とした「Go Global」というプログラムを開講しています。英語コースとグローバル人材トレーニング講座を受講したのちに、インターンシップを体験することができます。まず参加者は各々の英語レベルに応じて10週間または15週間英語コースで語学力を強化させます。その後の2週間でインターンシップの開始準備として、履歴書の作成方法、面接の受け方などビジネスの基礎を学ぶとともに現地のビジネスパーソンの講義を受講します。すべてのプログラムの終了後に8週間の無償インターンシップを通して、貴重なグローバルな職務経験を積むことができます。

Navitasが経営している英語学校(ホーソン・メルボルン英語学校やラ・トローブ・メルボルン英語学校など)で授業を受講される場合、希望者にインターンシップを有料でご紹介しております。期間は最低8週間から、平均で12週間ほどになります。ほとんどは専門性を要求する無償インターンシップとなっておりますが、英語を使って働くという貴重な経験をすることができます。

半年から1年のプレミアム長期プログラムに参加する学生のうち希望者は、期間中にフルタイムで最長6週間のインターンシップを経験することができます。 インターンシップ先としては、旅行会社、会計事務所、栄養士、イベント企画会社、IT企業、保険会社、マーケティング、インテリアデザイン会社などがあります。 プロフェッショナルなインターンシップ先となるため専門性が必要となりますが、特に就職活動を控えた現役大学生の方にお勧めしています。(なお当インターンシッププログラムの対象年齢は18歳から30歳までとなっております)。

3) ブリスベンのボランティアプログラム

クイーンズランド州のブリスベンを中心とした地域で地元の人との交流を目的としたインターンシップ(一部有給)とボランティアプログラムです。収入を得る事ができる観光系のプログラムもあり人気です。
子供が好き、教師を目指す方に人気のある、「日本語アシスタント」は、オーストラリアの教育現場を体験できるプログラムです。幼稚園の先生や介護を目指す方に評判が高いのは、託児所や老人ホームに訪問し、一緒にお手伝いをするプログラムです。オーストラリアの環境保護団体が開催するプログラムでは、雄大な自然を経験する事が出来るでしょう。参加期間は、5日から1年です。
これらのプログラムはブリスベンにあるEarth Beatの日本人スタッフが、滞在から空港送迎、プログラム期間中のサポートをしてくれるのでとても安心です。
全てのプログラムには一定の英語力が求められるため、先ずはクイーンズランド工科大学、クイーンズランド大学附属英語学校などの英語学校で事前学習をしてから参加される事を奨励しています。
また、他の州で勉強後に、ブリスベンで行われるこれらのプログラムに参加することでオーストラリアをよりよく知る機会となるでしょう。