看護学

nurs01

看護学は病気治療、予防、健康維持・増進のための知識・技術を身に着けます。人間の身体機能・構造など基礎的知識から心理学的側面、道徳・人道的側面を含めたケアや、また看護に関連する法律についても学習し、プロとして・人間として成長することを目標としています。オーストラリアは世界でも医療・福祉の分野で先進国であり、科学・医療研究分野で多数のノーベル賞受賞者を輩出しています。オーストリアでも「高齢化社会」は課題であり、最先端の高齢者ケア制度や技術は高評価を受けています。現地のカリキュラムは必修の臨床研修時間数が日本より平均25%多く、実践を通して看護の理解を深めることに重点をおく傾向があります。また、オーストラリア特有の異文化環境で学び、同時に英語を習得することにより、国際化が進む日本でより活躍できるでしょう。

オーストラリアで看護師(Registered Nurse)になるには、大学や同等の教育機関において、学士以上を取得する必要があります。 看護コース終了時に、正看護師としての「登録資格」を取得したこととなります。オーストラリア看護協会制度に沿って、別途、看護師登録をします。日本の医療機関に看護師として就職するためには、オーストラリアで取得した看護学の学位を日本の厚生省で査定・認定してもらい受験資格を得た上で、日本の看護師国家試験に合格する必要があります。

大学

「正看護師」資格を得るために必要な、看護学士号取得を目指すコースが多く提供されています。未経験者対象コース(3年間)では、看護理論に加え、病院・高齢者介護施設・精神病院・地域医療サービス現場などで臨床実習を行います。日本で既に正看護師として実務経験がある方は、看護学部3年次に編入し、約1年間の就学で看護学士号の取得が可能です。 詳細はこちら

大学院

取得可能な資格は、短期間のコースワーク(講義履修)によるグラジュエート・サーティフィケートから、リサーチ(研究)による博士号まで、幅広く提供されています。専門分野は、緩和ケア/助産術/看護指導/臨床看護/老人看護/救命医療看護などに細分化され、より高度な専門性を追求しています。 詳細はこちら