Royal Melbourne Institute of Technology English Worldwide (ロイヤルメルボルン工科大学附属英語学校)

CRICOS Code:01912G

RMIT_english_worldwide_logo

学校概要(設立年、場所、特長等)

Royal Melbourne Institute of Technology English Worldwide (以下、REW)は1968年に設立されたRMIT大学の附属英語学校です。メルボルン市内の中心部であるメルボルンセントラル駅から徒歩数分の場所に位置しています。大学やTAFE(専門学校)への進学を目指す留学を中心にアカデミックなコースを提供しており、50ヵ国を超える国からの留学生が多く、キャンパスは多国籍な雰囲気が漂っています。

コース

  • 英語試験対策コース
    IELTS Preparation Courses

    アカデミック英語
    English for Academic Purposes

  • 教師向け
    Cambridge CELTA*
    Teachers of English
    Teachers of Other Subjects

    *CELTAは、英国ケンブリッジ大学認定の英語教師資格のこと。主に英語が母国語の人や上級英語修得者の人が、英語を母国語としない人々に英語を教えるための資格です。

    教育業界にお勤めの方向け
    English for Education Administrators

  • 英語試験対策コース
    IELTS Preparation Courses

施設

フィットネスセンター
カウンセリングサービス
礼拝堂などの宗教施設
学生はRMIT大学の図書館、パソコン使用可能

サービス

24時間体制のセキュリティーサービスを提供
(ガードマンは要請があれば学生を護衛して緊急事態発生時に現場に急行します)

下記に関する情報やアドバイス(無料)
メルボルンでの生活や勉学についてのオリエンテーション
個人的な問題や社会的な問題
RMITで学ぶための橋渡し(キャリア、仕事、住居、金融、法的な問題等)

EAP(進学英語)コースを修了すると同大学の学部コース/TAFEコースにIELTSスコアがなくても進学可能

メルボルンで暮らす(学校所在地近くの都市の特徴)

オーストラリアの南東部のヴィクトリア州の州都であるメルボルンは、人口約400万人の大都市です。多文化主義が重んじられており、安全で清潔な都市として世界の住みやすい街ランキングでは常に上位に入ります。街の至る所に防犯カメラが配置されており、タクシーの安全性や日没後の警官配置数の増加などの数多くの安全対策がなされています。都心部にはアート・ギャラリー、博物館、カフェ、レストラン、クラブ、ミュージック・スポットなどがたくさんあります。また、公共交通機関も非常に発達しており路面電車や電車バスなどの利用がとても便利です。