スタディー・アブロード@メルボルン大学

スタディー・アブロードとは、オーストラリア国外の大学生を対象とした短期の正規留学プログラムです。
メルボルン大学の学部または大学院で1セメスターもしくは通年(2セメスター)、正規の留学生として学ぶことができます。この留学プログラムは私費留学で、大学間の協定などに基づく交換留学ではありません。しかし、メルボルン大学で取得する評価は正式なものですので、日本の大学で「認定留学」として単位を認められることもあります(各大学の規定によります)。

また英語力に不安がある場合でも、メルボルン大学が唯一教育提携しているホーソン-メルボルン英語学校を経た、ステップアップ留学が実現可能です。当英語学校では、大学での講義・授業を想定した進学準備コースを実施しています。海外の大学に正規留学をご希望で、英語力にまだ自信がないという方に最適なプログラムです。

メルボルン大学で、1学期間または2学期間、正規留学生として、現地の学生と同じように科目を履修し、単位・評価を取得できます。英語力が入学基準に足りない場合は、最初の1学期間をメルボルン大学の提携英語学校(ホーソン-メルボルン)に充て、英語を集中的に学習して必要条件の達成を目指します。 尚、メルボルン大学の入学時期は年に2回(2月・7月)です。

入学基準は在籍大学での成績と英語力で判断されます。
成績:在籍する大学で1年間(2学期間)以上の単位を取得していて、GPAが3.0以上であること
英語力:IELTS 6.5(全てのバンドが6.0以上)or TOEFL iBT 79(ライティング: 21、スピーキング: 18、リーディング:13、リスニング: 13)または、ホーソン-メルボルン英語学校でUMELBPプログラム*を65%以上の成績で修了した場合
*下記「UMELBPプログラム経由での入学」参照

ホーソン-メルボルンでは、一般英語から進学準備英語コースまで様々なコースを提供しており、スピーキング、リスニング、ライティング、リーディングの全ての英語力を高めるための指導が行われています。スタディー・アブロードを目標としている学生は、IELTS準備コース、IAP(進学準備英語コース)等を受講し、必要なスキルを身につけます。また、ホーソン-メルボルンはIELTSの公式テストセンターですので、学校で本試験の予約・受験をすることができます。

メルボルン大学スタディー・アブロード参加を目指す学生は、ホーソン-メルボルン英語学校で提供されているUMELBPプログラム(The University of Melbourne English Language Bridging Program)を経由して進学する方法もあります。 当プログラムは、メルボルン大学のスタディー・アブロードに進学が決定しているが、英語力のみあと一歩足りない学生のためのコースです。
コースは10週間で、メルボルン大学進学に必要なスキルと英語力を集中的に身に付けます。このコースを65%以上の成績で無事修了すると、改めてIELTSを受験することなく、直接メルボルン大学のスタディー・アブロードに参加できます。

UMELBP受講には以下の条件を満たしていることが必要です。

  • 英語力以外でメルボルン大学スタディー・アブロードへの入学条件を満たしている方
  • IELTS 6.0 (全てのバンドが5.5以上)
    または TOEFL iBT 60(全てのバンドが18以上)を達成している方

上記条件を満たしている方には、メルボルン大学から、条件付入学許可書(Conditional Offer:UMELBPの条件が記載されているもの)が発行されます。この書類がないと、UMELBPコースには進めませんのでご注意下さい。
UMELBPコース経由を目指す方で、英語力が条件まで足りない方は、ホーソン-メルボルン英語学校のIELTS対策コース受講後、IELTSを受験し、スコアを達成する必要があります。
尚、このコースはメルボルン大学が唯一教育提携しているホーソン-メルボルン英語学校でのみ提供されるプログラムです。

スタディー・アブロードの出願には、下記の書類が必要です。

  • 願書(オンライン申請)
  • 在籍大学の成績書(英文)
  • 英語力を証明する書類(IELTSまたはTOEFL)

メルボルン・エデュケーション・センター(MEC)では、あらかじめ出願希望者の成績証明書(英語)と過去2年間に受験されたIELTS もしくはTOEFLの結果をもとにこのプログラムへの出願の可能性を判断します。その後、志望動機書・推薦状を順次ご用意頂き、オンライン出願も進めていきます。
また、ホーソン-メルボルンへの出願は、学校指定の出願用紙(またはオンライン申請)の提出が必要です。何れの手続きも、当センターでは無料でお手伝いをさせていただいております。

スタディー・アブロードの学生は、学部の範囲にとらわれず、自由に科目選択できるのが特徴です。大学で提供されている、100以上の科目から希望する科目を選択することができます。但し、科目によっては、受講条件があるものや開講時期が決まっているものもありますので、出願の際によく調べておきましょう。また、一学期間に必要な履修科目数は、3科目或いは4科目です。

メルボルン大学 経済・商学部の留学担当官からのメッセージ
メルボルン大学経済・商学部は、1セメスターもしくは1年間をメルボルン大学で過ごす日本人留学生を心から歓迎しています。現在の専攻が経済・商学部以外の学生でも申請・参加することができます。メルボルン大学にて商学関連教科を履修し、自分の勉強の水準を高め、またそれと同時にオーストラリア文化を学び、オーストラリアでの生活を体験することのできる、とても魅力的で素晴らしい選択でしょう。

 

ホーソン-メルボルン英語学校で勉強を始める方は、ホームステイもしくはシェアーアパートメント等での滞在が可能です。ホームステイ先は、事前に(渡豪前)学校で手配しますのでご安心ください。一方、メルボルン大学でのスタディー・アブロード 参加期間については、ホームステイ以外にも学生寮、アパートなどで滞在が可能です。ただし、滞在方法の選択・手続きについては、自分自身のライフスタイルや予算などを充分に考慮し、ご自身で進める必要があります。

授業料と滞在費に関する詳細はこちら

メルボルン大学のスタディー・アブロード・プログラムに関する詳しい案内をご希望の方はお問い合わせフォームより必要事項を記入し、送信してください。(差し支えなければ、ご質問内容の欄に在学中の大学名をご記入ください。)ご質問・ご相談も随時受付けております。メルボルン大学日本公式窓口のメルボルン・エデュケーション・センター(MEC)までお気軽にお問合わせ下さい。

425882_10151410417215195_1675854083_n

大学topへ