U18留学

school01

昨今のグローバリゼーションの流れで、幼少の段階から英語の環境に触れることが注目されています。いち早く世界に羽ばたける人材になることで、将来の見通しも広げることができことに加えて、現地での文化を肌で感じることにより、知見をより深めることができます。

オーストラリア・ニュージーランドは、大自然と近代都市が融合したとても魅力的な国です。教育水準も高く治安も良いので、実りある学校生活を送ることが出来ます。す。

オーストラリア・ニュージーランドの初等・中等教育制度

オーストラリア現地の教育制度では、小・中・高校はトータル12学年制です。教育制度は州によって異なりますが、基本的には義務教育は6歳から15歳までと決められており、Year10で義務教育が終了となります。その後、大学や専門学校への進学希望の生徒はYear11/12の後期中等教育に進み、進路に合わせた選択科目を履修します。ニュージーランドは小・中・高はトータルで13学年制です。高校終了までが義務教育となり、その後は生徒の希望により大学や専門学校へ進学します。

学校は州立(公立)と私立があります。私立学校にはキリスト教などの宗教系がほとんどですが、決して信仰を強制するものではありません。

初等中等_表

セカンダリー・スクール

オーストラリアでは、プライマリースクールを終了後、中高一貫教育を施すセカンダリー・スクールへ進学します。このセカンダリー・スクールは中等教育期間では、前期(4年間)=ジュニア・セカンダリー(JUNIOR SECONDARY)と後期(2年間)=シニア・セカンダリー(SENIOR SECONDARY)に分かれおり、前期の4年間が義務教育期間で、後期の2年間が大学へ進学するための準備期間と考えられます。
ニュージーランドでも同様、プライマリースクールを終了後、中高一貫のセカンダリー・スクールへ進学します。セカンダリー・スクール卒業までが義務教育期間となっています。

スクールライフ

ほとんどの高校は、4学期制を採用しており、新学年が始まるのは2月初旬です。クラスの生徒数は平均20~30人、授業時間は1コマが40~45分です。高校カリキュラムは、日本とは違い選択制で、自分の進路に合わせて時間割を作成できます。英語以外の外国語も日本語、中国語からイタリア語、フランス語など選択肢も多く、移民国オーストラリアの教育制度ならではの特色ともいえるでしょう。イギリス文化の名残で午前中には20分程度のティータイムがあり、生徒たちはお菓子やパンを学校に持ち寄り各々に楽しむことができます。
放課後には、クラブ活動やボランティアが盛んです。水泳、テニス、ラグビー、バレエなどのスポーツから美術、新聞、音楽(ピアノ、バイオリン)などの文化系まで幅広く選択が可能です。

英語力

現地の高校は、留学生に対する英語力の面でのサポートが充実しています。多くの高校では、英語補講クラス(ELS)を設けており、英語力強化と同時に通常の授業を受講できます。高校の通常の授業は、留学生の英語力に応じて選択が可能です。(美術や体育から受講し始め、英語力の向上に伴い数学や他の授業へと受講を開始する場合がほとんどです。)
また、ELSを設けていない高校は、英語学校で留学生向けの「高校進学準備コース」を受講し英語力の向上を図ったのちに、高校への進学が可能です。

オーストラリア高校リスト

ご紹介できる高校の一部です。詳細はお問合せください。
  • 創立年:1973年
    形態:私立・共学校 
    学生数:約1200人
    留学生数:約8.4%
    滞在方法:ホームステイ

    メルボルン中心地から約30km北東のエルサムにある学校です。広々としたキャンパスで、ジュニア・スクールからセカンダリー・スクールの学生が学んでいます。充実した施設が特徴的で、勉強だけではなく、スポーツやアクティビティも盛んにおこなわれています。また、留学生の受け入れにも積極的で、国際的なカリキュラムや留学生用に行われる授業も取り入れています。大学進学にも実績があり、2018年には留学生の14%が統一試験(ATAR)で90ポイント以上を獲得し、留学生の60%以上が第一希望の大学に進学をしました。

  • 創立年:1961年
    形態:私立・男子校
    学生数:約1200人
    留学生数:–
    滞在方法:ホームステイ

    メルボルンから東に25kmほどの場所にある学校です。カトリック系の学校で、男子校です。ビジネス、スポーツ、学業の面から高い評価を受けています。一人一台コンピューターが配られ、テクノロジーを利用して学習をするという特徴があります。留学生の受け入れには20年以上取り組んでいます。留学生には独自のプログラムが多数用意してあり、英語を学ぶだけではなく、オーストラリアの文化にも触れられるようになっています。

ニュージーランドの学校

  • 創立年:2002年
    形態:公立・共学校 
    学生数:約650人
    留学生数:13人
    滞在方法:ホームステイ

    ニュージーランドの首都ウェリントンから車で20分のハット渓谷にある学校です。大自然に囲まれた綺麗な環境で、のびのびと学生生活を送ることができます。比較的小さな学校ですが、面倒見がよく、学生は自分に合った科目を学べるようなシステムになっています。また、授業と並行して、40種類ものスポーツやミュージカルなど様々な体験ができます。留学生は短期から長期まで幅広く受け入れていて、学生に合わせたプログラムを提供しています。留学生の大学進学成功率は100%となっています。